20140305 Scudelia Electro 新宿LOFT

2014.03.06 Thursday

JUGEMテーマ:音楽
注意!:セットリストおよびMCの内容は、ほろんの記憶を元に書いているので、細かいところで間違っている可能性があります。

タイトルの通り、期間限定で再結成したScudelia Electroのライブツアー、「20th century boys strike back TOUR」の東京公演に行ってきました!
SHOKICHI ISHIDA OFFICIAL WEB SITE | news

元々は昨年の9月27,28日のFEVERでのライブに行きたかったのですが、気づいた時には既に遅し。
前に記事に書いたとおり、Scudelia Electroにはまったのはここ数年だったので、「にわかファンだし縁がなかったんだな……」と思っていたのですが、1月末になんとなく石田さんの公式サイト見たらなんとツアーをやるというではないですか!
日時は3月5日(水)と平日のど真ん中。幸い職場に比較的近いし急ぎの仕事もないので思い切ってチケット購入。
ライブハウスのような小規模の会場でのライブは初体験だったので、会場で浮かないか期待と不安が混ぜこぜになった状態で当日を迎えました。

当日は生憎の雨。18:30開場には間に合わず、18:50頃に会場の新宿LOFTに到着しましたが、中に入ると既に軽く100人は入っていました。ライブステージ隣の物販コーナーは長蛇の列で荷物置きのロッカーは既に満杯。オロオロしながら、とりあえず列に並んで個人アルバム2枚(My Oldest Number Ver.1,2)とScudelia Electroのライブアルバム1枚(20th Century Boys Strike Back)を購入しました。その並んでいる間にもどんどん人は増え、カウンターで荷物を預けて、引き換えのワンドリンク(ジンライムを選択。王ドロボウ"JING"だけにね!)を手にした時には会場の2/3はもう埋まっていました。
周りを見ると、客は30代くらいの人が一番多いかな? という感じ。男女半々くらいの割合で、ライブが好きそうな大学生とか、スーツ姿のサラリーマンとか良い意味で普通な感じの人が多かったです。

知り合いもいないのでそわそわしながら登場を待ちます。
予定時刻を過ぎて、19:45頃に石田さん達がステージに入ってきてライブがスタート!


1曲目:Rock'n roll missing
生音での初Scudeliaに感動。最近の曲(ゼーガペインの「アルティールの翼」とか)を聞いて、石田さん歌い方ねちっこくなったなと思っていましたが、ライブで聞くとCDの時ほど気になりませんでした。
この後短めのMC。石田「今日は随分人来てるね? 何かあんの?(会場笑)」

2曲目:レインボー
ここで石田「吉澤くんが歌うぞ!」
3曲目:PHOTOSYNTHESISE
演奏終了後mc。物販のタンブラーに入った水をこれ見よがしに飲み干しPR。
さらに、ライブTシャツを着ていた湯川トーベンさんに話を振ってPR。

石田「今日はあいにくの雨なんで、雨の曲歌います」
4曲目:サマーレイン
5曲目:day aftar tomorrow
6曲目:super sonic level
このあとメンバー紹介(3曲目終了後のMCだったかも?)。
石田「車(ワゴン)に機材乗っけて移動するから、『乗せてくよ』ってメンバーに行っても誰も乗らないでやんの。そんな仲の良いバンドです(笑)」

7曲目:landscape of hockenheim
8曲目:ラヴ・ドロイド
石田さんのMC。岡山へ車で行くときに運転用のスニーカーに履き替えたせいでブーツを忘れたので、玄関に置いてあったブーツを娘さんに頼んで電話で指示しながら宅配便で送ってもらったら……という話。
石田「宅配便の伝票の種類色々あるから、娘が写メとってメールで確認してくれんの。大阪でマネージャーに話したら『いやー、偉いね』って言ってくれたんだけど、着いたの開けてみたら雪かき用の長靴で(笑) そっちは確認しないのかって(笑) 結局コンバースのワンスターで過ごしました」
そのブーツを見せるために足を顔あたりの高さまで上げてくれる石田さん。

ここで一旦サポートメンバーの2人退場。
石田「3人で何かやるコーナー」
9〜10曲目:If Only I Could Kiss〜しろつめくさ

再度MCでポール・マッカートニーのライブで感動した話。
石田「自分にとっては常にアップデートした自分を見せたいから昔の曲はあまりやらなかったけど、過去の曲もお客さんにとっては人生の一部でずっと寄り添っていくってことを去年のポールのライブで教えられた」
石田「相方が昔の曲やらないから自分が歌っていかないと」発言で会場に思わず笑いが。元Spir○l Lifeで一緒だった○谷さんのことですね、わかります。

サポートのお二人が戻ってくる。
石田「昔の曲もうちょっとやります」
11曲目:200 miles away
12曲目:Goodbye Nautilus -さよならノーチラス号-

石田「Scudeliaだとこんなに来るのにな(笑)」
13曲目:Shout it loud
14曲目:ミラージュ
15曲目:霧雨
16曲目:BETTER DAYS

ここで一旦ステージから退場。鳴り止まない拍手。
 
また明かりがついて、石田さんはTシャツ着て再登場。「え? これどこで売ってるんの?」とこれ見よがしなPR再び。
石田「ところで今回のツアーのタイトル、何だっけ?」とネタ振りしてアンコール。
17曲目:20th century boy(T. Rex)
18曲目:moon bace (flyout ver?)

再度退場し一度はBGMが流れるも、再度登場。
石田「みんななかなか帰らないな!」
19曲目:太陽道路
石田「Scudelia Electro we ware. また会おう!」

こんな感じで、21:50頃に終了。
興奮冷めやらぬ中、しつこいPRの効果もあって(?)、僕ももう一度列に並んでライブTシャツを購入しました。
いや〜、本当に楽しかったです。来ていた客層も落ち着いてるというか、ライブ慣れしてるなという感じがしました。
石田さんの「また会おう!」がスクーデリア・エレクトロとして会おうという意味なのかはわかりませんが、昔の曲も歌ってくれるなら個人のライブにも行ってみたい。そう思わせるライブでした。

スポンサーサイト

2017.10.03 Tuesday

コメント
コメントする
トラックバック
この記事のトラックバックURL