2013年春アニメ感想

2013.07.05 Friday

2013年春季アニメの感想でも。ネタバレ注意。追記予定。

・1クール完走

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。
「なんだ、またヤレヤレ系の何が魅力かわからない主人公と、頭の弱そうなヒロインが謎の部活をするラノベ原作アニメか。つまんなそう」
って最初にタイトルとあらすじを見て思ってました。本当にすみません。
ある意味リアルな卑屈さで視聴者に共感を与えるぼっちぶりと、リア充にはできないぼっちなりの解決方法を、身を削りながらさらりと実践するポテンシャルの高さが同居してるヒッキーがかっこ良すぎる。
ゆきのんとガハマさんというタイプの違うダブルヒロインや、リア充の象徴である葉山との「互いに理解はしているけど分かり合えない」もどかしさなど、キャラの立て方がうまくて感心します。
タイトルとは裏腹に、何故かもててハーレムを形成するようなラノベよりもよっぽど正しく「青春ラブコメ」してるんですよね。
久しぶりにアニメを見て原作を購入したくなったラノベアニメでした。
結構BDも売れているようだし、原作のストックが溜まったら2期やってほしい。

翠星のガルガンティア
一兵士だったレドが、異文化に出会ってから自分で考え成長していく物語。
銀河同盟の思想の体現者であるストライカーを、同じマシンキャリバーでありながらレドが人間として成長するのを見守ってきたチェインバーが倒すっていうのはベタですがいいですね。
お互いの主張をぶつけあいながら戦う展開はガンダム以来のロボアニメのお約束ですが、
それをロボ同士がやりあうのは新鮮でした。
とにかくチェインバーが発言に説得力あるしかっこ良すぎる。
あらかじめレドの成長物語という話を聞いていたので違和感なく見れましたが、
銀河同盟VSヒディアーズの方の解決を期待して見ていた人には肩透かしだったかも。
あと、虚淵先生脚本ってことで、斜め上の展開を過剰に期待されすぎだったかなという気もします。
個人的には、虚淵先生は古い名作のオマージュが好きだし、お約束の展開は守る人だと思ってるんですがね。マミ先輩のイメージが強すぎるのかも。
欠点をいえば、中盤で中だるみしてしまったことと、キャラが多すぎて生かしきれてなかった感があるところでしょうか。
手放しで絶賛するには足りないけれど、BOXのOVAが気になる程度には良いアニメでした。

はたらく魔王さま!
俺ガイルと同様に、「なんだまた魔王と勇者がイチャイチャするアニメかよ。つまんなs(ry」と思ってました。本当にすみません。
お話的には主人公が異世界に飛ばされる召喚モノの逆パターンなのですが、1話前半のやりとりで完全に心をつかまれてしまいました。
俺ガイルもそうですが、主人公のモテる理由に説得力があり、ハイスペックなのにそれが鼻につかないのがいいところですね。
また、ヒロイン兼ライバルの勇者エミリアやちーちゃんなど女性キャラもさることながら、勇者の片腕の芦屋や漆原も個性的で、周りのキャラの立て方が良いと思います。
ただ、俺ガイルとは異なって原作をゆっくり消費したのは良いのですが、オリジナルを挟んだとはいえ間延び感があったのは残念です。魔王と勇者が小市民的な生活をしているというだけで割と面白いので、エンテイスラ絡みの敵と戦う以外にも日常生活のあるあるネタにもっと走っても良かったかなと。
あと、監督の顔芸好きはちーちゃんやエミリアに個性を与えましたが、そこまで崩さなくても……と思うこともしばしば。原作よりも大人びたキャラデザと顔芸(特に怒った時の顔)のせいでエミリアが10代には見えない(笑)
これも2期はぜひやって欲しいですね。

進撃の巨人
原作は読んでいないのですが、世間で騒がれるのは納得できる面白さ。
作画はとにかくがんばって……
OPの最後に兵団員がみんなで屋根の上に飛び上がる瞬間は何度見ても笑ってしまう。

銀河機攻隊 マジェスティックプリンス
ロボアニメに戦隊ヒーロー要素を合わせてみました。という感じのアニメ。
主人公5人がそれぞれ5色にパーソナルカラーが振り分けられていたり、
敵のウルガルの幹部が特撮の幹部のような派手な格好をしていたりと、ところどころ特撮ものへのオマージュが見られます。
今期のロボアニメでは一番"ロボットアニメ"を意識してつくられてますね。
レッドのイズルとイエローのスルガの声優は特撮俳優さんとのことですが、まったく違和感なし。
特撮だと変身後の声をあてているはずなので、その経験が生かされているんでしょう。
設定は重いのですが、それをギャグ風にかつ前向きに話を進めて重苦しく見せていないので、安心して見ていられます。

よんでますよ、アザゼルさん。Z
波打際のむろみさん
この2つをセットにして放送することを考えた人は頭がオカシイと思う。
アザゼルさんは前期にも増してシモネタがひどい。
変態の回は本当に地上波で大丈夫だったのか今でも疑問に思うギリギリさ。
ちなみに、東京スカイツリーを作中で倒壊させた初のアニメだったようです。
……その理由が巨大化した変態の○○○にドつかれたからとか、東武から苦情が来ないんだろうか(笑)
むろみさんはネタが超おおざっぱで突っ込みどころ満載。しかも演出がクドい! 古い!
でもその雑さと演出のクドさが噛み合ってて気軽に見て笑えるのがいい感じ。
しかしこの監督かなり若いのに演出だけじゃなくてネタもずいぶん古い。気になる人材です。

変態王子と笑わない猫。
飯塚晴子さんキャラデザのロリキャラは至高、と改めてこのアニメで認識しました。
キャラの可愛らしさが存分に生かされたOPEDと、本編での負け犬ヒロイン小豆ちゃんの可愛らしさが全て。
ストーリーはオマケです。
タイトルに変態王子と入ってますが、今期は濃度の高い変態が多すぎて主人公の変態度はそれほどでも模様。
むしろ、性欲を友達から譲られた主人公よりもヒロインたちのほうがよっぽど変態なような……

這いよれ!ニャル子さんW
これまたキャラの可愛さが全て。
パロディの範囲は無駄に広いが全然面白くない。でも見ちゃう。
2期はとうとうクー子がデレだしてかわいい。
ニャル子さんはデザインはかなりレベル高いのに中身がひどすぎて……

・途切れ途切れ視聴
フォトカノ
変態アニメその1

断裁分離のクライムエッジ
変態アニメその2
主人公の髪フェチぶりが怖いレベル。
毎回自分から「断裁分離のクライムエッジ!!」と名乗ったりする突き抜けた中二病ぶりは嫌いじゃなかったです。

・途中まで視聴
DEVIL SURVIVOR2 the ANIMATION


今期はラノベ原作が思いの外頑張っていた感じ。大人気作があらかたアニメ化され尽くしたために、中堅どころの手堅く作っているラノベにアニメ化のお鉢が回ってきているのかも。
俺ガイル・魔王さま共々、ストーリーがラノベのテンプレをうまくひねっているなあと思います。また、主人公と周りのキャラの立て方が良いので、見ていて「なんでそーなるの?」とか「展開の都合とはいえおかしいだろ」という点が少なくイライラしないのも良いですね。
ラノベもまだまだ捨てたもんじゃないなと思った春でした。

スポンサーサイト

2017.10.03 Tuesday

コメント
コメントする
トラックバック
この記事のトラックバックURL