2011-12シーズンPOG反省会

2012.08.08 Wednesday

すでに12-13シーズンが始まって2ヶ月経っていますが、11-12シーズンnetkeibaPOGの自己反省でも。

去年記事にしなかった10-11シーズンは、「ディープはあんまり好きじゃないから、POG本で馬体を見て、よほど良かった産駒以外は血統が良くても指名しない(キリッ」とのくだらない理由から、ディープ産駒を避けて(それでも、一番お気に入りだったのはフレールジャックだったのですが)10頭を指名したのですが、その結果、POG期間中はロードカナロア、リキサンマックス以外はまったく振るわず。さらに、これまた指名を迷っていたディープ産駒のコティリオンが頑張るは、フレールジャックはPOG期間が終わった後に活躍するわで、例年以上に反省の多いPOGでした。
もっとも、POG期間後のロードカナロア、フレールジャックの活躍は素直に嬉しかったですけど。

前年度の結果を受けて、11-12シーズンの指名では、"POG本での馬体評価を重視する"という従来の基本方針は変えないながらも、

1. 早期デビューでも一定以上の評価をしていたら積極的に指名する。
 (セイウンワンダーやエイシンアポロンを取れなかった反省より)
2. 以前に指名した馬の弟妹はチェックする。
 (アプレザンレーヴを以前指名してしかも活躍したのに、レーヴディソールを取れなかった反省より)
3. ディープ産駒やキンカメ産駒などはいくら判官贔屓でも良い馬はしっかり取る。
(初年度の結果からディープ産駒は取らないと話にならないのは身にしみたので)

という3点を心に決めて、順位付けをして選択しました。

最終的に、netkeibaで最終的に取った10頭はこちら。
ヴィルシーナ
ゲンテン
フリートストリート
ムーンベックカフェ
エーシンスペリアー
ベルウッドホルン
ディアデラパンデラ
ストラスペイ
ミッドサマーフェア
ディサイファ

しかしその結果は……いわずもがな微妙な事に
フレールジャックの姪のヴィルシーナはほぼ1位指名だったので、コレに関しては反省を生かした好例でした。
また、ミッドサマーフェア、フリートストリートも悪くない選択だったと思っています。
……がしかし、前年度の反省を踏まえた今年のチョイスでも、悪かった点が少なくとも3点はありました。

1、未勝利で勝ちあぐねる馬が多すぎたこと。
元々勝ち味に遅い馬を選択しがちなのですが、今回はムーンベックカフェにベルウッドホルン、ストラスペイと、惜しい競馬をしながらここまで勝てないのかとさすがにがっくり。
特にムーンベックカフェは密かに期待していただけに、だんだん着順を落としていく様は実にがっくりでした。セイウンウィスパーを彷彿とさせるなあ……

2. ディープ産駒をヴィルシーナ以外見事に外したこと。
ワールドエースやディープブリランテ、ジェンティルドンナと今年もディープ産駒は大活躍でしたが、その中で指名したのが、ディアデラパンデラもディサイファじゃあ……。超大外れではないだけに余計に残念さが。どうしてもディープ産駒には選別時にマイナスのフィルターがかかってしまい、多少馬体がよくても自分が納得出来ないと指名したくなくなるんですよね……。しかし、今後ディープ産駒を取らない訳にはいかないし……

3.今年もやってしまった……ゴールドシップを直前まで迷って結局指名しなかったこと!
ステゴ×マック配合は気になっていて、さらに母系が名牝星旗の末裔ということもあって当然POGリストにも入れていました。しかし、その母系が、近年一番の活躍馬が母馬自身という不振ぶりだったのと、馬体写真を確認できなかったのが気にかかってまた指名漏れ。好きな馬なので今後も応援し続けますが、皐月賞取ったときはうれしいやら悲しいやら。

あとは個人的に残念だったのはエーシンスペリアーが本当に走らなかったことですね。
いつぞやのセイウンウィスパーみたいな1,2勝を確実に狙っての選出ではなく、POG本で馬体を見て「大きいところをとれる!」というかなりの期待を込めていたので、直前の調教がまったく振るわなくても取ったのですが……。何か問題があったとしか思えませんが、とにかく残念の一言。


今年もPOGリストの選出は終えていますが、まだデビューした馬は0。
また一年後、未勝利を勝ちあぐねる姿が目に浮かぶようです……。

スポンサーサイト

2017.10.03 Tuesday

コメント
コメントする
トラックバック
この記事のトラックバックURL