BW2殿堂入り

2012.07.04 Wednesday

発売日翌日には届いていたBW2、ようやくクリアしました。
ジョインアベニューですれ違い通信を結構やっていたためにプレイ時間が60時間近くに。
実際は半分もかかってないんじゃないかなあ。

殿堂入りしたメンバーは、以下の6匹でした。
デンチュラLv60
サンドパンLv59
クロバットLv60
ジャローダLv57
シャンデラLv60
マリルリLv61

案の定、ジャローダは一致技の草が通る相手が少なくてしんどかったです。
とぐろをまくで積めれば恩返し無双できるので弱いわけじゃないんですが、プラズマ団が毒・悪主体のせいで……
おんがえし・つばめがえし以外の相性補完になる属性の技が欲しかったなぁ。
サンドパンはPDWでいの一番にゲットした夢属性のすなかき♀を序盤から育成。
5世代目後半にして、やっとじしんを自力習得したときは目に涙が。すなかきはストーリーでも地味に便利でした。
電気・虫・草と範囲の広いデンチュラと、一致アクロバット連発できるクロバットは速攻アタッカーとして大活躍。
逆に、シャンデラとマリルリは重火力型として大技ぶっぱがよく決まってました。
実際のところ、電気タイプをサンドパンが担当した以外はこの4匹でパーティ回していた気がします。
途中までルカリオを育てていたのですが、何となく肌に合わずにシャンデラと差し替え。
でも、殿堂入り後の攻略ではジャローダをお留守番させる代わりにまた使おうかなと考えてたりします。

ストーリーは普通にBWの続編なんですが、やってることは前作と大差なくてちょっとがっかり。
イメージとしては赤緑と金銀の関係に似てますが、金銀は殿堂入りまでまるまるジョウトという新地方で新鮮味があったのに対して、BW2は新しい町からスタートとはいえ最初からイッシュで見たことあるポケモンばっかりだったので、あまり感動はなかったかも。
今回はNPCとの対戦では正直苦労しませんでした。ヤーコンさんのドリュウズにまたも剣の舞積まれて暴れまくられたのが一番危なかったパターンでした。四天王は前作の知識があれば正直楽勝。

とりあえずの感想はこんなところでしょうか。
まぁ、元々3色目を想定していたので、単にバージョン違いを買わされるよりも、続編ってことでストーリー新たに楽しめてよかったね!
といったところでしょうか。

スポンサーサイト

2017.10.03 Tuesday

コメント
コメントする
トラックバック
この記事のトラックバックURL