ポケモン黒クリア

2010.10.22 Friday

ポケモン黒クリアしました。
実はポケモンの新作をやるのは金銀以来10年ぶりだったので、
同じタイプでも物理技と特殊技にわかれてたり、性格と特性があったりだいぶ違っていてびっくり。
最終戦は結構きつかったなぁ。とりあえず殿堂入りしたのはこの6匹。

スワンナLv48
そらをとぶ・なみのりの移動係からメインに昇格。
うたれ弱さに泣いたけど水タイプは偉大だった。

ゼブライカLv48
ジャローダに続いて長くパーティ入り。
でんきタイプは初代のライチュウ、金銀のデンリュウと、毎回役立ってくれるなあと思う。
性格がせっかちで防御が紙だったけど、炎物理のニトロチャージで途中までの炎不足を補ってくれた。
Nのアーケオスをワイルドボルトでおとしてくれた時には感動した。

シャンデラLv50
一番最後にメインパーティ入りしたポケモン。
対エスパーならシュバルゴとズルズキンがいて影が薄く、
成長が遅くてなかなか活かせなかったのが残念。

ジャローダLv50
最初の相棒。くさはあいかわらず弱点多くてきつかったけど、
せいちょう・とぐろをまくを積んでのギガドレインとリーフブレードで苦手な相手もゴリ押しで突破したことも多かった。
最終戦でシビルドンにおとされてしまったのが心残り。

シュバルゴLv51
パーティの要。通信進化した時の変化には軽くビビりました(笑)
とにかく硬い。Nのゼクロムをてっぺき積んでシザークロスでおとしてくれたのは忘れない。
とりあえず困ったときに出すとたいてい助けてくれた。

ズルズキンLv50
まさか最後まで使い続けるとは思わなかった。神。
進化前もともかく進化後も「お前ふざけてるの?!」な顔してるし、
同じあくタイプならメグロコ選んどきゃよかったかな……と思っていました。正直すまんかった。
ときにシュバルゴを上回る謎の防御性能と、必殺とびひざげりで、同タイプ対決も競り勝ち、
最終戦のサザンドラ・バッフロン・キリキザンを葬り去った。何この子。
本当にエライ。ありがとう。

キャラも可愛かったですね。幼なじみのベルとチェレンもいい味出してた。
プラスマ団はグリーン◯ースやシー・シェ◯ードがモデルになっていてどうシナリオをまとめるか気になりましたが、
最終的にゲーチスの野望というわかりやすいところに落ち着いてしまったのはちょっと残念でした。
まあ、主人公ラブのNがツンデレかわいいというのが正解だと思います(笑)

さあ、この後は個体値やら努力値やら廃人の世界のはじまり…

スポンサーサイト

2017.10.03 Tuesday

コメント
コメントする
トラックバック
この記事のトラックバックURL