アイマスゼノグラシア 第23話 感想

2007.09.07 Friday

「わたし、あなたが好きです!」
アイマス第23話千早強制射出↓千早
○   ポーン
 \\
   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   .| インベル後頭部。

ごめんなさい。あまりの超展開に深夜なのに思いっきり吹き出しました。

結局、雪歩は予定通り裏切り、インベルはその際千早に取られて、残るiDOLはネーブラと、亜美真美を助けるためにコア状態のテンペスターズだけになってしまったモンデンキントジャパン。春香はインベルを取られたことと雪歩に裏切られてしまったことで落ち込んで引きこもってしまう。上層部の息のかかった朔の指示の元モンデンキントジャパンは接収され、残るiDOLがトゥリアビータに回収されないよう解体する計画が進んでいたが、一度は解雇された課長率いるアイドル班がゲリラ戦に持ち込んで基地を奪還し、今回とうとう直接の武力行使にでたトゥリアビータの襲撃を待ち構える、というのが今回に至る状況。

前半は千早・雪歩・真が駆るiDOLにボコボコに攻撃されていたのを、春香が直接インベルに話しかけたいと言ったことをきっかけに応戦開始。ここでモンデンキントが唯一動かせるiDOL,ネーブラと伊織が大奮闘。というか、真のかませ犬ぶりが凄い。
「あの人に後悔させるんだ。ボクを裏切ったことを。ボクを見捨てたことを!」
どうみてもお子ちゃまです。本当にありがとうございました。こうなるに至ったのは真を理解せず突き放したあずさなんで真が悪いと言い切れないですけど。この後、案の定完全復活した伊織に敗北する真。あまりの扱いの悪さに涙が出てきそう。
そして、千早のインベルに対し春香はテンペスターズの援護を受けながら直接話かけることに。しかし、インベルは周りの音に反応しないよう回路をいじくられていて声が届かず、そのインベルに攻撃されて絶対絶命という状況で、春香が上の台詞を言って告白したところ、千早がコクピットごと強制射出されるという斜め上展開に。
ていうか、こんな酷いロボットみたことねえ。一度は色々改造受けたとはいえ特に反抗もせず千早におとなしく操縦されていたのに、大好きな本命の春香さんに告白された瞬間、「昔の女はいらないロボ」とばかりに千早をコクピット席ごと強制射出とかどんだけケツ軽いんだこのロボット。千早はインベルが戻ってきた後、視聴者がむかつくくらい調子に乗ってキチガイっぷりを見せ付けていましたが、まさかこの展開のための伏線だったとは。今回だけは千早に少し同情してしまいそう(笑)

花田十輝先生の超脚本はいつもはムカムカくるのですが、今回ばかりは大絶賛でしょう。主にギャグ的な意味で。インベルが奪われてから無駄に重くて暗い見てる側もストレスがたまる展開でしたが、今回はそれを吹き飛ばす一番の山場だったと思います。なんか今回の話で、もう最後どんな風にシナリオが着地しても許せる気分になりました。いっそキスダム並に突き抜けてくれ、ゼノグラシア。

スポンサーサイト

2017.10.03 Tuesday

コメント
くーぽんのところでも少し書かれていましたが、コチラで少し詳しい展開知って吹いたwww
さすが淫ベルの名は伊達じゃない。コックピットごとトカどんだけwww
ホントある意味面白いアニメですね(爆)
  • by 風猫
  • 2007/09/08 1:31 AM
今回ばかりは直接起きて見る価値はありましたよw
この強制射出させられたあとの千早の顔がものすごかった。千早カワイソス。
ここまで生暖かく見守ってきた側の意見としては、
明らかに方向性としては間違ってるけど、もういいや好きにやってくれって感じですw
  • by ほろん
  • 2007/09/08 3:57 PM
コメントする
トラックバック
この記事のトラックバックURL